FC2ブログ

マリオギャラクシー!

ってことで、さっそく2時間ほど遊んでみました。

振り返れば、実は僕って、アクション要素の強い3Dゲームを
ほとんどまともにやり遂げられたことがなくて。
別に酔ったりするわけじゃないんだけど、
あまり面白みを感じられない、操作が面倒くさい、疲れる、迷う…
という3Dアクションに対する根底的な問題と、
3Dゲームが増えてきた時期が、僕がゲーム離れをした時期と重なってるという
タイミングの問題とがあって。
そもそも持ってるゲーム自体、
マリオ64とかゼルダ時のオカリナくらいしか思いつかないほど…
(あ、64のゴエモンも持ってる…)。
世間で非常に評価の高いこれらのマリオやゼルダでも、
僕は「面白い」とは思えなかったんですよね。
特にマリオ64はショックなほどにまるでハマれなくて
すぐやめちゃった記憶が…(ゼルダは一応終盤までは進んだ)。

…と、前置きがずいぶん長くなりました。
そんなわけで3Dアクションとはずっと距離を置いてきて、
むしろどこかで苦手意識さえ抱いてきた僕なわけですが、
そんな僕がマリオギャラクシーをやって思ったわけです。
これは面白いかもしれない。ってか面白い。
ゲーム始めた最初の最初は
「あー、やっぱりこの3Dアクションな操作感。動かしにくいー苦手だよー」
って思っちゃったんですが、15分くらいで違和感なくなって、
1つめのギャラクシーを走り回ってるうちに
気がつけば普通にゲームにのめりこんでいて。
誰でも遊べる3Dゲームという任天堂の言葉を信じてみようと思って購入したんですが、
やっぱ任天堂ってすごいなーって思いました。

具体的に言うと、

・アクションの主体がジャンプでなくスピンなのがよい!
 (3Dで、ジャンプで敵を踏むのってすごく難しいので…
 64マリオ挫折の最大の原因はこれだったのかも)

・そのスピンがリモコンをくるりと回すことにより行えるのも適度にドキドキして楽しい!
 (敵を倒そうと、敵の近くでスピンをしてみるも、
 ときどきうまく回しきれてなくてスピンしなかったりすると焦ったりで。
 ボタン1つでスピンだと、もっと単調になっていたと思うです)

・スターピースをリモコンポインタで集められるのが気持ちいい!
 (大量発生するスターピースを、3D空間内を駆け回って1つ1つ集めるのは
 想像しただけでだるいけど、ポインタで触れるだけでゲットできるのでなんとも爽快)

・1つ1つの惑星が小さく、着実に先に進んでいるという達成感を得られる!
 (マリオ64だと、いきなりそこそこ広い箱庭世界に放り込まれて、
 そのなかであっちいったりこっちいったり…というので、
 迷うし、テンポも悪いしだったんですが、ギャラクシーでは適度な規模の惑星を
 順に攻略していく感じなので、非常に達成感があってよろしいです。
 惑星間の移動も気持ちいいー)

・ていうか地面が球面なのが凄い!
 (これって技術的にも凄いんじゃなかろうかと思うんですが、球面世界なんですよね。
 ぐるぐる上下に回転しまくって新鮮です!)

・難易度が絶妙、ライフ3というのが適度な緊張感をもたらしている!
 (って、まだ1つめのギャラクシーを攻略しただけですが、
 このライフ(ヒットポイント)3っていうのが多すぎず少なすぎず
 非常に良い緊張感を出してくれているように思います)

とかとか、そんな具合でしょうか。
かなりボリュームたっぷりらしいですし、しばらくハマれそうです。

余談だけど、あの場所はグラビティーマンステージを思い出しました。
背景の矢印の向きによって、上にひっついたり下にひっついたり。
ロックマン5をやったことある人ならわかってくれるはずw
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード