FC2ブログ

今月の読書

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
(2006/02/07)
梅田 望夫

商品詳細を見る


かなり有名な本だと思いますが、今頃になって読んでみました。
グーグルとヤフーの思想の違い、インターネットの「こちら側」と「あちら側」、
ロングテール現象、オープンソース現象など、
面白い話が至極わかりやすく書かれていたなぁという印象。
とても勉強になりました。続編も読んでみたいです。


最近、忙しくて読書時間がめっきり減少ぎみですが、
今は以下のような本を読み始めているところ。

10日でおぼえるXML入門教室 第2版10日でおぼえるXML入門教室 第2版
(2004/10)
山田 祥寛

商品詳細を見る

今の世の中、必須の技術っぽいんで、その概要だけでも知っておきたいなと。
XML, XSL(XSLT, FO), DOM, DTDなど、冒頭のオリエンテーションでの
アルファベット略語の大量羅列に早速へにょりとなりそうなところですが、
たぶん本編はゆっくり丁寧に説明してくれてそうな雰囲気なので期待。


カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
(2001/07)
細野 真宏

商品詳細を見る

日本経済偏が非常にわかりやすくて面白かったので、次はこれ。
ある意味、日本経済偏よりも日常生活にもっと身近な話題が扱われてるんで、
社会人としてこれくらいは知っておかなきゃという具合で。
今回もコロ(くまさん)が可愛いですw


以前紹介した線形代数の本は、終盤の固有値の話題あたりでちょいと停滞ぎみ。
そっちも読んじゃわなきゃなぁ。
とりあえず行列式や座標変換の気持ちはだいぶわかったよ。
スポンサーサイト



じっぴか~

いつからか書き忘れてたけど、
今日はラスボス戦みたいな勢いの強さでした。
ほんとはまだラスボスじゃないんだけどね!

…誰にも何も伝える気のないメモ。

感傷

励ましてくれたことは嬉しくて。
でもそれは、離れてしまうということで。

少しセンチメンタルなんだ。

えむぴー3

PCで音楽聴くようにしてみようプロジェクトが発動していまして,
所有してる音楽CDの曲を,PCに取り込んでみたりしています.

昨日1日,せっせと取り込んで,ただいま約1000曲達成!
これでやっと3分の1いったのかな…
まだまだ先は長そう…

データ取り込みつつ,各曲にお気に入り度をつけたりもしてて,
これが意外に楽しかったりなんですね~

罪悪

自由…?
裏切り…?

続きを読む

ダイアキュート

やらなくちゃいけないことが
いろいろわさわさ発生してて気持ち忙しい。。。

えーと、来月のキュートは出る予定です。
忙しさに負けないぞってな格好で(無駄に)。
新刊作る時間あるかどうかは微妙なんですが、
でも作らざるを得ない流れは発動してるんで、たぶん何か出ます!

無限論の教室

カントールの対角線論法―ミーたんとコウちんは闇の数学講座で無限の正体を見た (PARADE BOOKS)カントールの対角線論法―ミーたんとコウちんは闇の数学講座で無限の正体を見た (PARADE BOOKS)
(2006/06)
市川 秀志

商品詳細を見る


以前読んだこの本で、無限に対する謎が深まってしまったので、
関連した話題ということで、次はこの本を読んでみました。

無限論の教室 (講談社現代新書)無限論の教室 (講談社現代新書)
(1998/09)
野矢 茂樹

商品詳細を見る


またしても実無限vs.可能無限の話(著者は少数派である可能無限の立場)。
大学の講義風景が、物語風にシュールに描かれています。
適度にギャグが効いていておもしろいw

「√2 や π は数じゃない」、「『自然数のべき集合』を実数の定義としてしまってもいいくらいだ」
などの主張は非常に興味深いところ。
全体が12週(章)にわけられてますが、9,10週目あたりからはかなり難しい…。
直感主義、メタ数学、有限の立場、ゲーデルの不完全性定理などなど、
わかるようなわからないような感じで。
次は不完全性定理の勉強をしてみるべきなんすかね~。

あ、ちなみにこの本のあとがきを読んで、おそらく上に挙げた2冊の著者さん方は、
互いに文通をしたことがある仲なんだろうなーと思いましたw

I'm in Tokyo now

修論発表は先日たぶん無事に終わりまして、
ただいま東京です!(部屋探し)

てなわけで、とりあえず報告まで。

伏線を張ってみる(たぶん)

3週目にして、早くもキバを録画し損ねましたw
もうこの人だめぽ。
さよなら瀬戸くんーノシ


このごろ密やかにサカミハ妄想を試みてるんですが、
どうやっても栄口くんが幸せにならない!w
三橋に想いが届かないのw
阿部とか田島が邪魔しやがるのw

で、結論。
そんな役回りが栄口くんにはピッタシなんだきっと(かわいそう)。
がんばれゆうと!


体調はだいぶマシになりました。
まだ咳は出るけど、寒気は引いた。
インフルエンザとかじゃなくて良かったよ。
明日(今日)は学校行ってきます。

近くて遠い

昨日の夢の話。

同じクラスのような感じだった。
僕のすぐ真後ろに座る君。

それでも僕は近づけなかった。
近づきたくても、近づけなかった。
君にとって、僕は何も特別な存在じゃないんだろうから。
……つらさだけが増していく。

「僕があたためてあげようか…?なーんちゃってw」

すぐにごまかす。
恥ずかしい。

それがせいいっぱいの表現。
君にはどこまで伝わったのかな?
僕なんか……要らないのに…


そんなきもぎもしい夢でした。

すきま風邪

あれー、なんか喉の調子悪い。微風邪?;

でもこの3連休は修論追い込みがんばらないと。
修論の一部修正と、発表スライド最終確認。


そういえば、今回のスクが高校生・18歳未満入場禁止になったとか…(詳細)。
今後、何かと規制って方向に世の中は動いていくのか。
まあ、今までがあまりに放任すぎたというのもあるのかもだけど。
いろいろと心配になる話ではあります。

淳久堂って漢字表記があったのか

初めて梅田(ヒルトン)のジュンク堂に行ってきました。
品揃えがすごくよくて満足。
読書用の椅子も用意してくれてるし、
紀伊国屋ほど混んでもないし、なんだかイイ感じの雰囲気でした。
微妙に遠い(通学コースをやや外れる)のが残念だけど、
また行ってみたいなーって思いました。


ずっと「引っ越したい」あなたへ―理想の部屋に住み替える!実践テクずっと「引っ越したい」あなたへ―理想の部屋に住み替える!実践テク
(2004/01)
長谷川 高

商品詳細を見る


で、立ち読みした感じ、なかなか好印象だったので買ってみたのがこれ。
主に、部屋を探すときの心構えやチェックポイントなどを紹介してくれてます。
いよいよ来週、東京へ部屋探しに赴こうかなーと考えてるので、
それまでに一通りは読破したいところ。
希望条件とかも今一度洗い出しておかないとなー。

ちなみに部屋探しの日程は、来週の水曜~金曜あたりを計画してるんですが、
ここを見てくれてるお知り合いさん(どんだけいるんだろう…)で
「いっしょに部屋見に行ってあげてもいいよ」という人がもしいましたら、連絡くれると嬉しいです。
一人だとどうも心もとないので…(でも結局一人で行くことになりそうだけど…)

あと1週間

まるで本当に休止しそうな間があいてしまいましたが、
私はここで生きてます。

さーて、いよいよ修論発表まであと1週間。
いろいろと山場です。
修論、発表準備と、まだ微修正は必要なものの、
ここまでは比較的順調にまとめてこれてます。
あとは、最後の最後で何かクリティカルなことが起きないように祈るばかり。


そしてやっとのことで「微積分のはなし」上下巻を読破しました(再掲)。

微積分のはなし 下 改訂版―変化と結果を知るテクニック (3)微積分のはなし 下 改訂版―変化と結果を知るテクニック (3)
(2007/10)
大村 平

商品詳細を見る

上下巻あわせて500ページ、なかなかのボリュームでした。
正直、上巻は高校数学の復習ばかりで退屈でしたが、
下巻はかなり面白かったです。
「テイラー級数は、現在の情報から未来を予測する式だったんだ!」
とか、今更ながらにわかりました。
学部の解析学の授業では、式の意味がさっぱりわからなかったからね…。
あとは偏微分や全微分の話も面白かったし、
ラプラス変換を使って微分方程式を解くという話も、
「そういやそんなのあったなー」と、かすかに残る記憶を呼び起こしてくれました。
それと、意外に興味深かったのが、
最後におまけ的な位置づけで載っている「コンピュータのための微積分」の話題。
ここであらためて差分と微分の関係がわかった気がします。
今まで、こういう数値解析的視点から微積分を考えたことってなかったんで、
さわりだけながらに「なるほどなー」と楽しめました。

一方、全体を通して残念だったのは、数式に誤植が多かったこと(特に下巻)。
2007年にせっかく改訂版が出たのに、どうせなら誤植もしっかり修正してほしかったところ。

とはいえ、これだけ楽しく読める数学読本というのも貴重だと思うので、
この方の本はまた何か読んでみたいな~って思います。
「関数のはなし(下巻)」とか「確率のはなし」あたりが興味あり。


さあ、そして微積分をやった後は、
流れ的にコイツでしょ!

プログラミングのための線形代数プログラミングのための線形代数
(2004/10)
平岡 和幸、堀 玄 他

商品詳細を見る

ってことで、ウキウキしながらお次は線形代数です。
学部1年で習ったときは比較的理解できてた気がするけど、見事に忘れちゃってますからね~。
何より、あのときは「計算手順」を学んだって感じでしかなかったけど、
例えば固有値とか行列式とかの直感的な意味を知りたいとは以前から思ってたので、
なんか評判よさげなこの本を読んでみることにしたのです。
タイトルはあれですが、意外にマジメな線形代数の本みたいです。
わりと高度なところまで扱ってくれてるようだし。
大型本で350ページ……がんばろ。

休止について

このところ、いろいろ考えてたんですが、
やっぱりそろそろ限界なのかなと。

すみません。




ってわけで。

休止について

・見た人は必ずやる事
・タイトルは「休止について」
・地雷バトンです



■現在使用中のメアド
globeに影響受けてます

■現在の着信音
Feel Like danceだった。常にマナーモードだけど。

■待ち受け画面は?
もはや普通のカレンダー(実用的)

■自分の携帯で入力して最初に出てくる文字を書こう

あ→朝
い→いい
う→動きださなきゃ
え→映像
お→思えば
か→から
が→が
き→今日の
ぎ→逆に
く→くらいに
ぐ→
け→検
げ→原稿
こ→声
ご→ご
さ→再来週
ざ→残念に
し→しなくていいんだろうか
じ→時
す→スマブラ
ず→ずっと
せ→狭さ
ぜ→全然
そ→操作
ぞ→
た→例えば
だ→だめですか?
ち→中旬
ぢ→
つ→つぶれそうになったり、
づ→
て→てか
で→では
と→と
ど→同人
な→など。
に→二月
ぬ→ぬ
ね→ね
の→ので
は→早めて
ば→バトン
ぱ→
ひ→ひさしぶりだな
び→ビジュアル
ぴ→
ふ→含めて
ぶ→ブラザーズ
ぷ→プレイボーイ
へ→部屋
べ→
ぺ→
ほ→ほしい
ぼ→僕
ぽ→ポーク
ま→また
み→みたいな
む→むずい
め→免許
も→もろもろの
や→やろうと
ゆ→雪
よ→予定
ら→乱闘
り→
る→るよ!
れ→連絡は
ろ→論
わ→わかんねー!
を→を
ん→んだよなぁ


驚くほど面白くなくてすみまっせんww

キバ

録画してあったキバ(初回)を見た。
瀬戸くんかわいいなぁ(主にそれ目当て)。
しかも入浴シーンまであるサービスぷり。
こうもりさんも可愛い。「ガブッ」ってw

3D克服

マリオギャラクシー、
スターは64個くらいしか集まってないけど、ひとまずクリア!
3Dアクションゲームでラスボス倒すとこまで遊べたのはこれが初。
すごいよギャラクシー。大げさに言えば、僕の歴史を変えたソフトw

球面世界、とことん不思議な操作感で楽しいです。
ラスボス手前の溶岩&キラーゾーンはだいぶ死にまくったけどw
(でも1UPキノコが親切に置かれているのが優しいです)


つづけてスマブラもプレイ。
説明書もろくに読まずにとりあえず戦ってみたら、
まったく操作方法わからないぃぃーー;
なんか地味な攻撃しか出ないYo!
スティック上入力でジャンプとかえらくやりにくいよ!
とか思ってたら、説明書にいろいろちゃんと書いてありました。
次から頑張ります…。

でも、そんな何もわかってない状態ながらに、
シンプルモードの「ふつう」をクリア。
ピットかわいいよピット!生足えろすぎるハァハァ
強いのかどうか知らないけど、この子をひいきにしていきたいと思いました。
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード