FC2ブログ

あっというま

ひさしぶりにアニメイトへ行った。
パンドラカレンダー買ったなり。
こういうカレンダー買うのって、実は数年前のポケモンカレンダー以来
2回目だったりする。毎年いろいろ欲しいなーとは思うんだけどね。

パンドラ10巻コミックスは、いやーお話が難しいw
ギルに必要なのはオズであってほしいけど。。。
なんかオズもギルも精神が不安定で、安心して見てられないわー。


本当に自分は感情の制御がへたくそだなーと思った。
距離感がまったくつかめない。困ったもんだ。
スポンサーサイト



depend on...

あー、やっと今週も終わり。
火曜、病院行くために定時に退社したおかげか何なのか、
水曜~金曜はひたすら残業でした。
でも全然仕事終わらないあうー。
そして残業できてるのは、きっとお薬パワーなのがまた複雑。
先週、先々週あたりは辛すぎてもうまじ無理って感じで
とても残業なんてできる状態じゃなかったのが、
なんか今週はお薬飲んで残業できてるとか。
あー、いろいろ間違ってる気がする・・・。
来週も同じような調子で忙しい予定ですよ。うへぇ。

熱スバ

7時間くらいプレイしたとこで流星ロックマンが出てきたー!
おおー、こんなナチュラルにメインストーリーの途中に
流星話が挿入されるなんて思わなかったんで興奮!
「熱斗くん」「スバル」って呼び合う小5男子に蕩れるw
スバル(in PET)をタッチしたら始まる会話も面白いです。
ボイスはなんか激しく残念だけどw

思えば、熱斗×スバルな交流は、僕の深層心理に
以前から同人的に存在していたから、
それがまさかオフィシャルで実現したという感涙の瞬間なわけですね!

薬がお守り

やっぱりなんかずっとしんどいので、別の病院に行ってみた。
そしたらあっさり抗不安薬を処方されちゃいました!
わー、なんか前に本で読んだことあるお薬の名前だー。

常に持ち歩いて、しんどいときだけ飲む。
それで効果があるようなら、いつも手元に置いておくことで安心感が得られ、
たぶん不安やストレスからきてる症状を抑えられるとのことだ。
理屈は非常によくわかる。薬がお守りってやつだね。
カッターがお守りよりはいくぶん健全かな。
あとはどれだけ効果があるかやねぇ。

ただ、個人的にはまず「身体には異常なし」ときちんと検査された上で、
精神的な方面にいってほしかったという思いはありますが。。。
まあとりあえずは様子見ですかね。
ネットでの口コミどおり、熱くて良い印象のお医者さんだったw

数学萌えポイント

「本質の研究 数学II・B」はp.180あたりを読んでるとこです。分野は「図形と式」。
ここに次のような軌跡の問題があった。

    xy平面上の2直線 L: x-2y=0, M: 3x-y=0 のなす角を
    二等分する直線の方程式を求めよ.

そしてこの模範解答の出だしが以下。

    2直線 L,M のなす角を二等分する直線の上に,
    点 ( x, y ) がのっているためには,・・・(以下略)

聡明な皆様におかれましては、この先の展開はもはや予想されると思いますが、
僕がキュンときたのは、上記の出だしの横に書かれていた注釈。

    L, M の方程式において,x,yをすでに使っていることを意図的に忘れて,
    二等分線上の点の座標を ( x, y ) とおいている!

ここになんかちょっと萌えたのw
「意図的に忘れて」っていう言い回しがたぶん気に入ったww
最後のびっくりマークもなんか素敵!

軌跡の問題って、なんとなくいきなり点Pを ( x, y )とおいて・・・とかから
解答を始めたりしていることがあって、
「あれ、そんなことしちゃっていいの?もともとの方程式に含まれる文字を別の意味で
使っちゃうのはよくないでしょ! ( X, Y ) とかとりあえず置いておいて、
最後に小文字に置き換えたほうが無難じゃね?」なんて
小心者の僕は思っちゃうこともあったような気がしますが、
「意図的に忘れて」なんて注釈を付けられた日にゃあ
「意図的に忘れていいところなんだ~~」と癒されるしかないww

・・・・・・さあ、この想いは誰かに響くだろうかw
ぜったい理解されるわけねえww

Purple Daysプレデビュー直前

Purple Daysのオフィシャルサイトで聞ける「Shine Of Love」が
なんだか変更されてますね!

以前に公開されてたバージョン(箇所?)と比べて、
サビの歌詞が超気持ちよくなってる!!
前回は「ちょっとサビが退屈だなー」って感じでしたが、
今回はめっちゃ小室節な歌詞詰めメロディ崩しをやってくれてます><
こういう歌詞の乗せ方が大好き!!

   君は一人なんかじゃないってことに今気が付くはずだよ
   どこかで誰かがきっと君の事を愛しているから

↑ココ。これだけ崩しにきてくれると蕩れまくりますねハァハァ

11/25にプレデビューということで、ツタヤでなのかなあ、
「Shine Of Love / My Revolution」が無料レンタル開始されるらしいです。
さらに12月に第2弾曲がレンタル。来年、メジャーデビューとか。

なんか珍しいデビューの仕方をするみたいですが、
TM Networkの弟分的な存在の彼ら、ぜひぜひ活躍してほしいものです
(デビュー後、小室さんが全面プロデュースするのかなぁ・・・
いかんせん彼らの今後の活動スケジュールがよくわからない・・・)。

そしてDSiウェアへ

さっそくDSiウェアをダウンロード。
前から気になってたこれを落としてみました。

京大生 東田大志が考えたパズル
ひらめき◇絵結び


同じ模様のブロック同士を線で結ぶだけという、非常にシンプルなルール。
さくっと全問解いちゃったけど、こういうのが200円で気軽に買えるのはいいですね。
Wiiウェアよりも、僕にはこっちのほうが合ってる気がする~。

ひさしぶりにブックオフ

池袋のサンシャイン通りに
けっこうでかいブックオフがオープン。
ふらりと寄ってみたら、ずっと探してたCDがいろいろあってほくほく。

・上原あずみ「無色」(アルバム)
 → 歌詞がいいよねー。一筋縄ではいかない深い鬱歌詞。

・鈴木亜美「AROUND THE WORLD」(アルバム)
 → エイベ移籍後の初アルバム。すごく好きな路線。
   このままいってくれれば良かったのに・・・(苦笑)

・Changin' My Life「Changin' My Life」
 → チェンジマは地味に好き。「Confidence」はかなり良い曲だと思う。

ヤマダに続きブックオフ。
いやー。今、池袋が熱いですね。

ニンテンドーDSi LL

さあ、ついにDSi LLが発売!
さっそく買いましたよ~♪

参考に、初代DSと比較した画像をアップしました。

133.jpg

ふたを閉じたときのサイズは、DSi LLのほうが初代DSより若干大きめ。
だけど薄さはDSi LLのほうが勝っているので、スリムだなーという感じ。
意外に携帯用としても使えるんじゃないかという印象です
(僕は初代DSからDSi LLへの買い替えなのでさほど気にならなかったですが、
DS Liteを使ってる人からするとあり得ないでかさになってると感じるのかもです・・・)。

132.jpg

開いてみると、画面のサイズに思わず笑うw 予想外にデカイw
3インチと4.2インチってこんなに違うのね!
さっそくエグゼをやってみたけど、なんか画面大きすぎて違和感あるわーw
でも確実に目には優しいと思います。

「これまで、携帯ゲーム機は様々な“カラーバリエーション”が発売されて、
ユーザは好みの色を選ぶことができた。
それなのに、なぜかサイズを選ぶことはできなかった。
『外出時に遊びたい』『家でじっくり大画面で遊びたい』など、
ユーザのプレイ形態に応じて、サイズを選びたいというニーズもあるはず」

任天堂が提唱した“サイズバリエーション”という試み。
さて、結果はどう出るのか・・・。

シフトする時代

会社で、「ゆとり世代をどう教育するか」みたいな本を読んだ。
なんでも、来年4月入社の大卒の人は、
中学入学時からゆとり教育を受けてきた初の代とのことで、
「本格的なゆとり教育世代が会社に入ってくる」というタイミングらしい。
で、ゆとり世代には我々の常識は通用しないから、
まずはその特徴を知り、いかに接するべきかを学ぼう・・・みたいな内容。

その本の論調は、基本的にゆとり世代を否定的に描いていて
読んでいて良い気はしなかったんですが、

・挫折経験が極度に少ないため、打たれ弱い。
 少し怒られると、自分を全否定されたと思い込む。

・会社が自分に何をしてくれるかを常に考えている。
 福利厚生や残業時間を気にする。

・やりがいのある仕事や楽しい仕事をしたがり、
 嫌な仕事や地味な仕事をやりたがらない。
 仕事と遊びを勘違いしている。

・自分のやりたい仕事ができないと、「こんなのは自分のやりたかったことではない」と
 あっさり辞めていく。責任感がない。

・核家族化が進み、地域の交流も少なくなったため、
 世代が異なる人と接することが苦手。

・PCや携帯が手元にあるのが当たり前の環境で育ったため、
 言いにくいことや重要なことをメールで済ましてしまう。

・インターネット世代でもあり、自分と性格や趣味のあう人との
 コミュニケーションが比較的容易にできる環境で育ったため、
 自分と合わない人と関わろうとしない。関わらなくても良いと思っている。

みたいなことが書いてあったりしまして。
なんていうの、これすげえ自分にも当てはまるよねwwと思ったw
ていうか、こんなの社会の変化だったり、個人差だったりのような気がするんだけど。

その本には、怒られると落ち込んじゃうガラスの心を持った新入社員(ゆとり)が、
先輩社員に「私は褒められて育つタイプなので怒らないでください」と言ったらしいという
エピソードが載っていて、さすがに直接言うのはどうかと思うけど、
そう言いたくなる気持ちはわかると思った。
僕も同じ、ちょっと怒られただけで激しく落ち込むから。

でもね。同じ本を読んだ先輩さんが、
一番おもしろかったのはこのエピソードだと話していらして、
「さすがにそれはないでしょ、社会人としてそれはダメでしょ」と
冷たく言い放っておられたの。
僕は、少し自分を否定されたような気がした。
どれだけ辛い思いをしても、どれほど強く落ち込んでも、
それに耐えるのが当然なんだと。それが社会人なんだと。
じゃあ、僕にはやっぱり無理だよねって。

けどさ、そういう辛さを味わわなくても良い方向へ
自分の未来を切り開いていこうとすることは、
捉えようによっては「逃げ」なのかもしれないけど、
ある種の「攻め」でもあるんじゃないかと思うんだ。
だって、嫌なことに耐えて、辛い日々を諦めて、ただ必死に生き抜くのが大人だなんて、
そんなのつまらないやん。それこそ悲しすぎるやん。
それよりも、自分が楽しめる方向にシフトしていけるほうが、
よっぽど健全で、良い生き方なんじゃないかと・・・そう思う。

そういう考え方や生き方を「自分のことしか考えていない」「責任感がない」
「仕事を何だと思っているんだ」と批判するのなら、
そういう人たちこそ、悲しい生き方が染み込んでいるんじゃないかなと。
ねえ、僕は思っているんだよ。

にーどれす



「NEEDLESS」の新しいほうのED曲。とってもキュート★
山田ことクルスくん(右下を走ってる子)がかわいーね。
なにげに1:10あたりからは女装してたりw

なんとなくこのアニメは見続けてるんだけど、
ほんとよくわからない作品w
グレンラガンみたいな熱いバトルものかと思ったら、
ギャグとエロ全開だったりするんだけど、
やっぱり熱いバトルも描きたいんだとは思う。

プラチナ会員特典は・・・

2009年度クラブニンテンドー プラチナ会員特典
「ゲーム&ウォッチ ボール」
http://club.nintendo.jp/rank2009/index.html

い、いらねえええええww
もうちょっと上の世代の人には懐かしいのかもしれないけど、
ゲームウォッチとかまったく知らないしー!ぜったい遊ばないw
ゴールド会員特典のカレンダーのほうがまだ実用性があるよ・・・。

昨年のプレゼントも期待はずれだったのにね。こんなのあんまりだ。
ていうか例年はいくつかのプレゼントから選択できる形式だったのに、
今年はそんな余地さえもないのね。なんでだー。

2Dマリオにときめく世代

http://www.nintendo.co.jp/wii/smnj/course/index.html

ニュー・スーパーマリオブラザーズWii発売まであとおよそ2週間。
なんか今回はワールド1から難しそうだねー。
最初のコースでいきなり動く床とか、
1-4の水中コース、プクプクラッシュとか・・・。

任天堂としても、DS版Newマリオは簡単すぎたという反省があるようで、
今回は初心者~上級者まで幅広く遊べるように工夫してるらしい。
エキストラコースを用意したりとか。

初代「スーパーマリオブラザーズ」に対する
「スーパーマリオブラザーズ2」のような作品
(基本システムは踏襲し、難易度を高くした作品)を、
「Newスーパーマリオブラザーズ」に対しても出して欲しいと常々思っていたので、
今作はそういう位置づけにないとも言えない作品なのかもしれませんね。

「社長が訊く ~NewスーパーマリオブラザーズWii」では、
岩田さんと宮本さんの対談が読めます。
マリオの歴史から、今作に対する想いまで。
興味のある方はぜひ。
http://www.nintendo.co.jp/wii/interview/smnj/vol1/index.html

しかしヨッシーがいいなぁ。
飛び乗ったときの鳴き声、敵にぶつかるとパニくって暴走するへたれさ、
マリオワールドを思い出して懐かしすぎるー

ひさびさにケロロ軍曹

DSでケロロRPGなんてものが出るらしいです。
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/keroroRPG/

テイルズの戦闘システムを採用した
ケロロ軍曹の本格的RPGが登場するらしい。
なんというか、無駄にわくわくさせる企画w
冬樹くんは出るのかなー。


DSエグゼはちょこちょこ進行中。
「大丈夫か、ロックマン?」「熱斗くん、どうしたの?」
とか、この子たちラブラブすぎて眩しいw
あとエグゼは音楽がいいね。
意外に好調に売れてるらしいし、エグゼ強しだねぇ。

息なんてできること 当たり前に思ってた

2週間くらい前から、ふいに息苦しい。

「恋しちゃって息が苦しいの><」
なんて乙女チックなものでもなく、
リアルに呼吸がしにくいなーって感じて、
一度そう感じると、なんかどんどんしんどくなってくる・・・。

・息を吸っても、なんか肺まで上手く吸い込めてない感じで違和感
・深く息を吸っても全然だめ
・あああ、もう無理、死ぬ!とか思う
・しかしそもそもこんなに強く息吸う必要あったっけ?と疑問に思い出す
・もうちょっと浅めの呼吸をすると、別にこれでもやっていけそうと思う
・でもなんかスッキリしないので深く息を吸おうとするとやっぱ無理ー!苦しい!

ってな感じのループが、だいたい1日に2回くらい起こってる。
だけど、

・1回気になりだすと気になるけど、忘れてるときはなんともない
・寝てるときもなんともない
・何かに夢中になってたり、誰かと話してたりするときはなんともない
 (たとえループ中であったとしても、このような事象をトリガーとして回復する)
・上のループにはまってないときは、いい感じに息が吸える
・ループ発生原因ははっきりしないけど、
 「そういや今は上手く呼吸できるかな?」と思ったときなんかが
 トリガーになってるような気もちょっとする

というあたりから、きっとこれは精神的なものなんだろうねーと思ったり。

一応、近所の呼吸器科で聴診器ぺたぺたと
指先挟んで血中酸素濃度(?)測ってもらったけど、特に異常なしと。
お医者は「こういうのは診察が難しいんじゃ~。もうちょっと診てあげたいけど、
今日はこの後お通夜に行かなくちゃだめで時間ないんじゃ~」と仰ってた。

何はともあれ、なんかやっかいだし、イヤな感じではある。
別に、特段ここ2週間で強いストレスとか何かがあったわけでもないと思ってるんだけど
(普段からそれなりにいろいろ感じてはいるんだろうけどさ・・・)。

すべて忘れて楽になりたいー

白い吐息

寒い寒い寒い。
ついに初暖房。
そろそろこたつも出すべきかにゃー。
でも部屋に物が多すぎて、こたつ出せるか微妙な状況w


通帳見たら、残高ががっつり減っててショック受けた。
あー、このPC代とかプリンタ代が落ちたのね。
このままじゃやばい。もっと心を入れ替えて貯金せねば!

…そんなことを思いながら、
まねきねこダックの歌(CD+DVD)を買ってみた。
ねことあひるが出会うなんてどんだけ運命なの!ドラマチック!><

そして今日発売のロックマンエグゼ(DS)も買ったよ。
エグゼはだいぶ遅くにハマった身だけど、やっぱり熱斗くんは可愛くて、
ロックマンもとい彩斗兄さんが好きすぎます。彩熱。
なんかビックカメラでPS3のテイルズオブヴェスペリアが3980円だったり
FFVIIアドベントチルドレン(ブルーレイ)が1980円だったりしたのは
がんばって買いませんでした><


m.o.v.e.のボーカルyuriさんが結婚&妊娠とか。
おめでとーございます!

数学ガールが本気出した件

「数学ガール~ゲーデルの不完全性定理~」を
一応なんとか最後まで読みました。

1~9章と10章(最終章)のギャップが激しすぎましたw
9章までは、10章で必要となる事柄の準備という感じで、
いつもの数学ガールらしく穏やかなペースで進んでいくんですが、
ゲーデルの不完全性定理の話題に突入する10章は
今までの数学ガールにないほどの「全力で数学してる感」が溢れてて
かなりの厳しさがありました。
形式的証明という話題を扱う以上、それなりに厳密な議論をするしかないのは理解できますが、
それにしても46個の定義(式)の羅列にはちょっと呆然。
それまでの章で、いつにも増して
「諦めずにじっくり考えることが大事だ」「感覚ではなく数式で理解しなきゃ」
みたいな精神論が多かったのは、きっとこの10章のために
読者に送られたメッセージなんだろうなーと思いましたw

10章は・・・なんとなく半分くらいはわかったような気がしてるけど、
全体像はぼんやりしてる状態。
数学ガールの前2冊とは違い、今作は「ちょっと数学が好き」くらいな一般人には、
最後まで読み進めるのもキツイ内容ではないかと(9章までは楽しく読める)。
前提として、論理学とか公理系とかにある程度馴染みがないと辛そう。
僕は大学の講義で、論理学や形式論については一応学んだ身。
ていうか大学院の研究も、論理学を数学的ベースにして、
アルゴリズムを考えたりしてました。
が、それでもこの本は一筋縄ではいかないですw
(たぶん、同テーマを扱った他の書籍に比べたら、
かなりわかりやすく説明してくださっているのだとは思います。)
んー、それにしても定義29のfreenumがわからない。
なんでこれで総数が求まるんだろう…。

…とまあ、10章はだいぶつらかったですが、
本書全体を通しては、非常にためになった部分も多かったです。
対角線論法を用いて、実数全体の集合が可算集合でないことを示す方法は、
本書の主人公同様「わかっているつもり」でしたが、
少し突っ込まれると「あれ?」と理解が怪しくなるあたり、
まさに「本で読んだことがある」レベルと「きちんと理解している」レベルには
大きなギャップがあるなぁ…と身をもって味わいました。
あとはイプシロン・デルタ論法(6章)や、自然数の対により整数を定義する話(8章)は
非常にわかりやすく、なるほどなぁと思えました。
形式的証明を「知らないふりゲーム」と表現するのは
非常に的を得ていて面白いなーとか。あのもどかしさねw

そして今回は、ストーリーがついに大きく動いた(動きかけた)感じがします。
ちょっとドキッとするようなシーンもあったりで。
個人的にはミルカ先輩推しなんだけど、遠距離恋愛になるとしたら
2番手はテトラちゃんかなぁ・・・w
主人公の「将来の夢探し」も、今の自分と重なる部分があって考えさせられました。


サクラノート感想

「サクラノート ~いまにつながるみらい~」をクリアしました。
なんとも不思議な感じのゲームでした・・・。
「フラジール」をやり終えたとき、まるで1本の「映画」を見終わったような
感想を抱きましたが、本作は「紙芝居」を見ていたような感覚に近いです。
良く言えば懐かしく、悪く言えば地味w

全体的に、どことなく懐かしい、スーファミ時代のゲームを思い起こさせる作りなんですよね。
極力短い会話シーンとか、しゃべらない主人公とか、
ちょっとぶっとんだストーリーやキャラクターとか。
最近のゲームに慣れてる人にはかなりの違和感があると思います。
ファミコン~スーファミ世代の人向けな作品なんだろうなーと。

ストーリーは可もなく不可もなく。途中からラストにかけてはそれなりに面白かったです。
特に、猫と犬視点で1つのストーリーをいろいろな角度から楽しめるのは面白いです。
かっこいい猫と、想いが何も伝わらなくて挫折ばかりの犬とw
ていうか、サクラノートは、猫と犬が主人公のゲームと言っても過言じゃない気がします。
こいつらの可愛さを味わう作品だと思うw
「猫とか犬って普段こういうことを思ってるのかなー」と考えさせてくれます。
特に猫はね・・・最後はいろいろとこいつでした。猫かわゆすぎる><
あと、最後の「カナメの日常」を見て、「えええ、結局そうなったの!?」と
個人的にはちょっと悲しくなっちゃったとこもあったりで、
若干すっきりしない終わり方ではありましたw
最後のまとめ方はちょっと雑かもね・・・
(こういうのは大抵「プレイヤーに想像の余地を残していて良い」という
肯定意見と拮抗する意見だとは思いますが、
僕は、謎を残さないようにゲーム内で丁寧に描いてくれてるほうがスッキリして好きです)。

ゲーム性という面では、正直まったく期待してはいけません。
基本的には1本のお話を読み進めていくという雰囲気。
メインストーリーの分岐なども(おそらく)ありません。
一応バトルとかもありますが、本当におまけ程度。
まあ、ラスボス戦の妄想全開(?)のぶっ飛んだ感には失笑しましたがwww
すべてはこのための伏線だったのかとwww
そして一番苦戦したのはラスボス手前のザコ×3体とのバトルだったりw

さて、サクラノートを語る上で、何よりも忘れちゃいけないのが音楽。
音楽担当は植松伸夫さんということで、良曲が多いです。
特にメインテーマ曲である「いまにつながるみらい」と
無駄にかっこよすぎるバトル曲「戦え!ショウネン」が好き過ぎます!
ていうかこれはもっと普通のRPGの戦闘曲に使えばよかったのでは?w
個人的には、戦闘曲で一番好きなFF6のボス戦音楽に匹敵する出来です。
「あえいう」はキモすぎて苦手w

最後に、残念だったところ。
やっぱりストーリーは短いかなーと。
このボリュームで5000円はちと高いという印象です。
ダウンロード配信で1000円くらいなら人ににオススメできるんですがねぇ。。。
ただ、初回版には本格的なサントラ(28曲、約72分収録)が付いてくるので、
ゲーム2000円+サントラ3000円と思える人には
それなりのコストパフォーマンスなのではないかと思います。

あと細かいところで、
会話を読み進めていく際にAボタンを連打してると、
突然選択肢が現れ、選択肢の内容を確認する暇もなく
Aの選択肢を選んでしまうということが度々あってイライラしました
(仕方なくLボタンで会話を進めていくという措置をとったりも・・・)。
選択肢はA、Bボタンによる2択ではなく、X、Yボタンによる2択などにしてくれたほうが
プレイヤーに優しい作りだったんじゃないかなーと思います。

あと、説明書がさくらノートデザインだったのにはちょっと引きましたw
え、そういう意味のサクラノートだったの??ってwww

えるえる

ちょうどAmazonでDSi LLの予約が開始されてたので、
とりあえずワインレッドを予約してみましたw
Amazonのランキングでも、赤→黒→白の順に予約が集まったみたいなので、
赤と黒で迷った挙句に赤を選んだ僕は見事に民意を代表していたかのようで、
DSに関しては、僕だってそれなりに空気読めてるのかもしれませんね!
ちなみに僕が予約したのは22時くらいですが、
その2時間後くらいに見たらワインレッドの予約が締め切られてて、
今は3色とも予約が締め切られてます。なんだかんだで大人気w

理系を名乗りたいから

僕はめっぽうジュンク堂のピンクレシートに弱いなーと思う。
期間限定で発行されるピンク色のレシートを集めると、
後日、金額に応じて景品と交換してもらえるという企画。

  2000円 → オリジナルポケットティッシュカバー
  5000円 → オリジナルバッグ
  10000円 → 500円分のQuoカード

定期的に(おそらく春と秋で年2回?)行われている企画ですが、
実質、還元率5%なわけで、
「買うなら今だ!」とばかりに本を買ってしまうんだなー。

てことで、今回もとりあえず10000円分買ってしまったw
最近は理科っぽいことをやるぜーな心意気でして、
基礎固め、教養修得のために以下のような本をば。

  ・新しい科学の教科書 -現代人のための中学理科- 生物編
  ・新しい科学の教科書 -現代人のための中学理科- 地学編
  ・鎌田真彰の化学理論化学 必修知識編
  ・物理のエッセンス 力学・波動
  ・物理のエッセンス 電磁気・熱・原子

物理はねー、先日、漆原さんの物理本を買ってみたんですが、
なんか派手なレイアウトとまどろっこしい説明に腹立ってきたんで、
ちょっと硬派に物理のエッセンスを買ってみたw
いい具合に要点がまとまってて読みやすそうね~。


ちなみに、「本質の研究 数学I+A」はひととおり読み終えまして、
今はII+Bに突入してます♪ 因数定理とか懐かしいなーw
数学ガールは半分ほどまで読了。

あと、「math stories」という数学の読み物シリーズが
リアルタイムで順次刊行されているようで、
中身をぱらぱらと読んだらとても面白そうでした。

  ・math stories 数学は言葉(9月発行)
  ・math stories 計算とは何か(10月発行)
  ・math stories 変化をとらえる(近日発行)

これとあともう1冊で、全4巻の予定なのかな。
本質の研究のほうがひと段落ついたら、
いずれこのシリーズも読んでみたいなー。

持ち運べそうな夢

本日オープン、ヤマダのモバイルドリーム館に行って来ました!
携帯とかiPodとかゲームとかガンダムに彩られた別館、
というか、もともとのヤマダ池袋店の敷地なわけですが、
特に5,6階のゲーム売り場がとても素敵だった。

5階は任天堂スペース。白を基調に明るい雰囲気。
Wiiの試遊スペースが広々と3つ(うち2台はイス付きで)用意されていて、
親子やカップルでWiiを体験できて、その光景を他のお客さんが後ろから眺めて
楽しそうにしてる、、、みたいな素敵なことになってましたよ!

一方の6階は、PSとXboxのスペース。
こちらはフロア全体が黒で統一され、薄暗めな照明の大人な雰囲気。
PSコントローラのボタンを意識した、△や×の色付きライトが
床を照らしていて中途半端にオシャレだったw
こちらはPSPやPSPgoが遊べるようでした。

特別安いソフトとかは見つかりませんでしたが、
売り場面積の拡大に伴って、商品ラインナップが圧倒的に
強化されていたのは魅力的でした。
でも、ゲームソフト購入後のルーレットで最低でも200ポイントもらえるっていう
仕組みがなくなってたのはショック><
あれがないとヤマダでゲーム買う意味がないのにw

あと印象的だったのが、6階は人はそれなりに多いものの、
お客さんの多くは雰囲気だけ味わって帰っていくという感じで
レジに全然人がいない状態だったのに対し、
5階はレジにけっこうな行列ができていて。
あー、これが大衆を取り込んだ任天堂の強さで、
ゲーマー層向けのゲームはとことん売れない時代なんだなーと思ったりしたのでした。

ブログを更新する原動力

少しそれがわかった。
そんなの当たり前のこと。

からー

やっぱりDSi LLが欲しくなってきたダメな人ですw

んあー、いつものことだけど
こういうのは色で迷う。
今回は「ダークブラウン」「ワインレッド」「ナチュラルホワイト」の3色
(詳しくはhttp://www.nintendo.co.jp/ds/dsiLL/index.html#/color/)。

ダークブラウンかワインレッドかで迷うところ。
なんか、ゲーム機に限らず、こういうのって何かと無難に
白か黒を選んでしまうことが多いので、
ここはちょっと冒険をしてワインレッドにいってみようかなーなんて
方向に少し傾きかけてる感じだったり。
チープな赤とかはイヤだけど、落ち着いたオシャレな雰囲気ただよってる赤だしねー。

くまー

130.jpg

ハアアア、りらっくまー(´Д`*)
ローソンのパンを買って貯めたポイントで
スープマグをいただいてきました♪
かわゆーなぁ。かわゆーゆー。

サクラノートが高評価っぽい件

クロスレビューを立ち読みしてきましたが、
今週発売のDSソフト「サクラノート」(当ブログでもブログパーツで応援中)の評価が
思いの外高く、ゴールド殿堂入りを果たしてました。
たしか、8,7,10,8くらいだった気がする。
満点つけてる人がいたのには驚きです。
なんでも、お話がとても良くて見せ方も斬新、音楽も素晴らしいと。わくてか。

ただ、クリアまでの平均時間が6時間とか書いてあったのには別の意味で驚いたw
やりこみを含めて12時間とか。
僕としては、それくらいのボリュームでも内容が良ければ全然問題ないし、
むしろ社会人には遊びやすくて良いわーなんて思っちゃうんだけど、
一般ゲーマーさんには印象悪いだろうなーと心配になっちゃったw

初回版はサントラ付き。僕も購入予定(予約済み)です。

ヤマダ電機@池袋

日本総本店とかで、でっかくリニューアルオープンした
LABI池袋に行ってきました。
ほんと、すごくでかくなってて驚いた。
なんか秋葉原のヨドバシみたいなイメージw
通路もかなり広めに取られていて好感。
ただ、オープンセール期間ということもあってか、
平日の昼間にも関わらず、まだまだ人が多かったので疲れたさ。。。

個人的に嬉しかったのは、地下に本売場ができたこと。
パソコン関連本中心のラインナップかと思いきや、
ほんとに普通の本屋って感じで、むしろどうなんだろうと思ったw
漫画とか、主婦向けの雑誌とか、アイドル雑誌とか(笑)、
はたまた量は多くないけど学習参考書なんかも扱ってて。
逆に、パソコンやゲーム、コンピュータ関係の本の占める割合はかなり低め。
このあたりは、ご近所のビックカメラの本売場(PC・ゲーム関連中心)と比べると
かなり色が違うなーと思いました。
たしかに、家族で休日に来たときなんかは、
こういう幅広い層に受ける本売場があったほうがいいんだろうなーと思ったりも。
子どもが遊ぶためのスペースもあったりするし、ヤマダ池袋店は
家族連れで来店してもらえるような店を目指してるんでしょうねー。

ただ、僕は以前のこじんまりとした、
そしてお隣のビックカメラに比べてお客さんが少なく
わりと閑散としてることの多かったヤマダの雰囲気が好きだったので、
この劇的な変わり様はちょっぴり淋しかったりもしたのでした。

3ピカ

道を歩いてるときに鳥の糞を浴びるという
衝撃の体験をしました!
これはもう経験値大幅アップ間違いなし!w
ていうか最強にテンション下がったww

新宿で道に迷ったりもするし、
なんかふんだりけったりな1日だったなぁー。

外と内

ふと考えた。
自分の表情や行動には、気持ちが表れていないのかなって。
うまく乗せられていないのかなって。

自分が思っていることや考えていることを見透かされるのは怖い。
だからどこかで偽って、隠して、自分が壊れないように守らなきゃいけない。

いつからか、自分のなかに植えつけられた防衛機構。
無意識に発動するものだとはわかっていた。
でも、意識しても解除できないものなのかもしれないって、
今さらながらに思った。

知ってほしいのに、そんなつもりじゃないのに、
壊れた人形みたいに、何も表現できていないのかもしれない自分。

「死んでるように生きてる」

そんな形容が似合ってるのかもしれないなって思った。
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード