FC2ブログ

キル

とりあえずお試し。
ほとんど力入れてないのに、
なんだか鋭い。シャープ。
この鋭さは大事かもしれない。
ていうか地味に止まらなくて
キーボード打ちにくい。めんどくさいなw


なんていうんですか。
やっぱり不安定なときのほうが
日記の更新率って上がりますよねw
逆に、適度に安定してるときとか、本気で死んでるときとか、
死んでるかのように心配させたいときなんかに更新率が落ちると。
あ、もちろん本当に死んだときもw

ちょうど1年くらい前から
mixiに鬱々としたことをあまり隠さずに書くようになったけど、
ちょっと最近さらけ出しすぎかなーとも思ってたりで。
誰かに鬱々が伝染したりしたらだめだし、
無駄に心配かけたら申し訳ないし。
こういうのはもうちょっと隠すか、
もっと一方通行な場所(ブログとか)に
吐き出すほうがいいのかなーと・・・。

知ってほしい気持ちと。
呆れて見捨てられる怖さと。
入り混じって、難しい。
スポンサーサイト



一人は淋しいから

Purple Daysがんばれー!

ってことでメジャーデビューシングル「BRANDNEW DAYS」。
曲構成に工夫が凝らされてて好きですよこういうのー。

http://www.youtube.com/watch?v=oQr8b5kpXHQ

カップリングの「桜木」も哀愁を感じさせる良い曲。
「今の小室さんならこのBメロをサビ扱いにして1曲作っちゃうだろうなー」
と思わせるような地味な盛り上がりを見せるBメロのあとに
本気のサビがくるのが若さパワーだなーと思う曲だよw


*

死んだら
何も感じなくなって
楽だよねー。
きっと。


「この地球上にどれだけの数の命かあるか知ってる?
 人間だけで六十億とか七十億なんだから、他の動物や虫、
 プランクトンなんかも合わせると数え切れない程多くの命が存在しているわ。
 それはつまりこの世界には命なんて掃いて捨てる程在り、
 希少価値なんてまるでないってことよね。

 ミミズだってオケラだってみんな生きてる――生きるなんて行為は
 虫けらですらもできるくらいどうでもいい行為なのよ。
 そしてその生きるという行為に付随する死という概念も、
 実際のところたいした価値なんてないんじゃないかって、そう思わない?」


死ぬことなんて
どうでもいいこと。
生きていくなんて
どうでもいいこと。

そう思えたら、世界が変わって、
新しい日々が訪れるのかな。
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード