FC2ブログ

僕が死んだら

自分を傷つけなんかしなくても,
そばにいてくれる人がいる。
想ってくれる人がいる。

結局はそういう人が欲しかったの?

 *

たくさん薬を飲めば,
あと少し,きっと大丈夫。
きっと耐えられる。

いつからか,こんなにも楽しめなくなってる自分に気づいて,
「これでいいんだろうか?」って考えるようになったんだ。

 *

僕が死んだら,mixiやブログに残した言葉を,
書き留めた思いの欠片たちを,親に見て欲しい・・・かもしれない。

何も伝えられなかったから,伝える勇気がなかったから,
だからそのときには,せめて知ってほしい。
いつもこんなことを考えてたんだよって。
僕はこんなふうに生きてたんだよって。
少しでいいから,知ってほしい。
スポンサーサイト



迫りくる魔の手

今年初,昨日はお米を炊きました。
3ヶ月以上炊けずにいた白米。
やっとここまできたんだねぇ。。。


とか感傷に浸ってたのも束の間。

周りの人にたくさん守られて生きてる僕ですが,
今日はスパルタ先輩に,クイックモーションからの直球で仕事振られた!
あれじゃ誰からも守られることはできない!!
これが隣の席であるという現実・・・。

またこれが長期にわたって取り組まなきゃいけない仕事で,
6月いっぱいくらいまでビクビク怯える日々が続きそうです;
「お手柔らかにお願いします」って言ってみたら
「お手柔らかに終わらせたいんだけど(そうはいかない)」と一蹴された・・・(苦笑

本能が訴えてる。
あの人は敵だと叫んでる・・・。

・・・もう完全に拒むことしかできなくなってるよ。
あと半年。
生き抜け,生き抜け,生き抜け・・・!


ところで,何やら家から冬用スーツが1,2着ほど消失している気がする。。。
なんか数が少ないような・・・気のせい?
いやいやいや・・・あれぇ?

(19:54 追記)
んー,でも落ち着いて数えてみると
こんなもんだったかもしれない・・・
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード