FC2ブログ

フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理 (新潮文庫) フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
サイモン シン (2006/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

ちょっと大学生っぽく、こんな本を読んでみました。
おもしろかったです。

フェルマーの最終定理とは、

   2より大きい整数nに対して、
   方程式 x^n + y^n = z^n を満たす整数解x, y, zは存在しない

という、知ってる人は知ってる有名な定理。
n=2のときは、三平方の定理(ピタゴラスの定理)と一致して、
その場合は、例えばx=3, y=4, z=5のように
無限の整数解が存在するのですが、
これがnを3(以上の整数)に変えるだけで、
途端に整数解がなくなってしまうというのが
フェルマーの最終定理の主張しているところ。
この、中学生でも理解できるシンプルな主張が、
300年以上にわたって数学界の未解決問題として
多くの数学者を悩ませていたわけですが、
10年ちょっと前に、ようやくワイルズという数学者が
この定理の証明を完成させましたよバンザイ!という感動のお話。

この本の内容は、
フェルマーの最終定理の証明を理解しようというのではなく
(ていうかそれは一般人にはたぶん不可能…)、
この定理の証明をめぐる数学の歴史、人間ドラマを
ドキュメンタリー風につづっていて、
中学生レベルの数学がわかっていれば
さくさく読み進められるようになっています。
個人的には、もうちょっと証明の数学的な部分も知りたかったけど、
たぶん説明されても理解できないんだろうし、そこは仕方ないのでしょう。
スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード