FC2ブログ

中学時代

すでに何かがおかしかった。壊れていた。
昔から、2人遊びが好きだった。
自分と相手の2人だけ。
2人でいるとき、相手にとって自分は必要な存在で、
自分がそこにいる意味があると思えた。
自分の言葉を、相手が必ず全て受け止めてくれることに安心した。
目の前のたった1人に意識を集中させられるから
コミュニケーションも比較的楽で、
1対1のときは、わりと自然に人と接することができた。

でも3人以上になると、途端に自分の存在価値がわからなくなる。
目の前の2人が楽しそうに話してると、
そのなかに自分がいる意味が感じられなくなる。
自分がどう入っていけばいいのか、まったくわからない。
みんなで楽しくやっていてくれればいいと思う。
自分のことは気にしなくていいから。
自分はここで空気みたいに人知れず、じっと息を潜めておくから。

中学校のとき、特に仲のいい友達が1人いた。
どうして僕なんかを気に入ってくれたのかはわからないけど、
放課後も2人で遊ぶ時間(主にテレビゲームだけど…)が多くて。
中途半端に大人数の集団のなかにいるより、
そういう時間のほうが癒された。
素の自分を出すことができた。

素直にその喜びをかみしめられれば良かった。
それなのに、僕の思考はその頃からすでにどこか歪んでいて。

1対1だと素の自分を出せる。
→ 普段はおとなしいのに、自分調子に乗ってるな。
  集団に適応できないダメな奴。

その人とばかり遊んでる。
→ 僕って友達が少なくてダメな奴?
  他に友達がいないと思われるのが恥ずかしい…

…どんだけ腐ってるんだろうと思う。
素直に、その時間は楽しかったはずなのに。
それなのに、どこかでネガティブが働きだす欠陥。
何の勇気もないくせに、妙なプライドだけもっている欠陥。
そんな自分に、心底嫌気がさすばかりだった。

一方で、自分みたいな奴と一番仲良くしてくれている相手に、
なんだか申し訳ないような気もしていた。
もっと他のいい友達グループに入ることができるはずなのに、
どうして自分なんかを選んでくれてるんだろう。
自分はそんなに誰かを満足させられるだけの存在じゃない。
こんなにダメな奴なのに。
こんなにも弱くて、若干いじめられっ子で、
きもくて、情けなくて、弱くて、性格悪い奴なのに。
僕なんかを選んでしまってる相手がかわいそう。申し訳ない。

そんなことを思っては落ち込み、
そして自分をそんなふうに評価してしまっている自分自身に気付いて
すごく惨めな気分になったりで。
自分の欠陥は、もうあの頃から感じていたように思う。
あの頃からもう、自分が嫌いで嫌いで仕方なかった。


でも、その当時はまだ
「誰かに依存したい」「優しい言葉をかけてほしい」
「自分の弱さを見せたい」「甘えさせてほしい」
そんなことを思わなかっただけ、
最近感じるようなつらさはなかったと思う。
落ち込む方向が、今とは180度違った。

あの頃は、おそらく生きていくのに必死だった。
学校という共同体のなかで、自分の居場所を守ること、
自分のプライドを守ること。
神経をすり減らして怯えながら、1日1日を精一杯過ごしていた。
ひどいいじめをされないように、プライドを踏みにじられないように、
頭のなかであらゆる状況をシミュレートして、
自分の行動、発言を最適化させるのに必死で。
いろいろされたり言われたりして落ち込むことはあったけれど、
それでも次の瞬間には、敵に立ち向かうための対抗策を考えていた。
明日はどんなふうに乗り切ろうかと考えた。
ある意味、あの頃の僕は、弱くて、強かったんだと思う。
面と向かって立ち向かう勇気はなかった。でも負けたくなかった。
必死に生き延びようとがんばった。

だから、誰かに甘えたいなんて、
そんな弱音をはいてる余裕なんてなかった。
自分を守るために何か動いていないと、生きていけなかった。
それに比べると、今の自分は幸せボケしてるんだよね…。


中学の頃は、ときどき「二重人格だ」と言われた。
学校でのおとなしすぎる自分と、
放課後、家に帰ったあとの少し調子に乗った自分。
本当はもっと自分を出していたかったハズだよね。
自分で意識してる以上に、
自分のあらゆる部分を押さえ込んでたんだと思う。
いつ壊れてもおかしくないくらい、いっぱいいっぱいだった。


ただ怯えながら毎日をやり過ごしている
情けない自分が嫌いだった。
楽しいことを楽しいと素直に思えない自分が嫌いだった。

そして僕は、優しさをうまく受け止められない人間になった。
受け止め方を知らない人間に育った。
そんな自分も、嫌いだ。

2004/12/25(土)
うぅ、人肌が恋しいよぉー。(死)

・・・なのに。
それなのに僕は誰かを傷つけてばかり。
期待を裏切ったり、突き放したり、
すごく自分勝手なんかな。
自分が傷つかないように。
いつもそればかりを優先させてる。

嫌いなら嫌いって、
はっきり言ってくれたらいい。

最近、優しさに埋もれすぎてるのかもしれない。
もっと責められて、傷つけられて、
そうしたら少しは反省できて
自分を見直せるのかもしれない。
そうじゃなきゃ、知らず知らずのあいだに
嫌な奴になっていきそうで怖い。
どこまで甘えていいんだろう。
優しさなんて慣れてないから、知らない。わからないよ。
スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スノードーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード